宮崎サーフde五目ゲーム

d1

ポイントは無限! 宮崎はサーフパラダイスだ!

 温暖な気候で知られる宮崎県。プロ野球のキャンプ地としても名高く、またサーフィンのメッカでもあり全国各地から多くのサーファーが訪れる。そんな宮崎県をホームに活躍する「メジャークラフト」フィールドスタッフの郡山善充氏と共に宮崎サーフゲームに出撃開始。
 宮崎市を流れる大淀川河口の右岸の赤江浜からスタートするも波が高く、なかなか厳しい状況だった。ここはヒラメの実績も高く、もちろん河口付近なのでシーバスも十分に期待できるポイントである。
 またベイトの回遊があれば、サゴシ等の青物の期待もできるので、こちらをメインに考えても面白いだろう。ヒラメ狙いであれば消波ブロック付近や潮目付近といったわかりやすいポイントが狙い目となるので、ビギナーにもオススメのフィールドである。さらに市街地からも近く、宮崎空港のすぐ近くにあるので飛行機での遠征組にとっても見逃せない場所だ。
 郡山氏とひと通りチェック後、次なるポイントに移動。宮崎港の阿波岐原森林公園のサーフポイントである。ここは新別府川河口左岸に広がり、ヒラメ、マゴチはもちろんシーバス、クロダイの実績も高い。この日も多くのアングラーで賑わっていた。
 実はここは、神戸からカーフェリーで宮崎入りした私が最初にチェックしたポイントでもある。なぜなら、フェリー乗り場の隣にあるから。こちらもフェリーでの遠征組にはありがたいポイントとして要注目だろう。
(『ソルト&ストリーム』VOL.1より)
d2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る